校章・校歌・校旗

現在の中原地区の校舎は1984年(昭和59年)8月より運用が開始されました。
校地内にはたくさんの銀杏の木が植樹され、学校のシンボルとなっています。

schoolmark_200校歌の3番には「もみじ葉の照り映ゆるこの銀杏」と歌われています。

校章

学校のシンボルである銀杏の葉をかたどったデザインです。

昭和22年新制中学開校以前のデザインを引き継ぎました。

 

校歌

1957年(昭和32年)3月現在の校歌が制定されました。当時の生徒の書いた作文などを元に
藪田義雄先生が作詞、松本民之助先生が作曲され、現在まで歌い継がれています。

下伊那教育会のHPから校歌を聞くことができます。
このサイトから聞いてください。

校歌歌詞

KOUKAGAKU

 

喬木中学校校歌

1957年3月4日制定          作詞 薮由 義雄
作曲 松本民之肋

  1.   あざやけき伊郡の谷
    段丘の田や畑 いくつ重ねて
    われら挙(こぞ)る わが収穫(みのり)
    父祖(みおや)より受け継ぎしこの宝
    沁みいずる まごころ
    美(うま)し郷 美(うま)し学び舎
  2.  朝夕の眼路の果て
    風越(かざこし)の山遠く
    西に望みて   われら語る わが希望
    若き血は鳴りめぐる この団居(まどい)
    呼びかわす歌ごえ
    美(うま)し郷 美(うま)し学び舎
  3.  山国の雲や霧
    天竜のゆたかなる
    水に培(つちか)い   われら育つ わが喬木
    もみじ葉の 照り映ゆるこの銀杏
    飛び翔ける色鳥(いろどり)
    美(うま)し郷 美(うま)し学び舎

 

new-flag2校旗

校旗は毎朝、当番の生徒が始業前に掲揚塔へ掲げます。